「蒸気機関車がいた時代」

肥薩線
 矢岳越え その9 真幸

人吉からの下り列車は、矢岳越えの大山塊を越えると急勾配を降り真幸に至る。この真幸も大畑に続き通過できない本格的なスイッチバック構造を持つ駅である。いかに急峻な山越えかが分かる。
標高で見ると人吉107m-(区間10.4km)-大畑294m-(区間9.5km)-矢岳538m-(区間7.3km)-真幸386m-(区間7.8km)-吉松224m。人吉-吉松間は、距離は35kmしかないが430m登り310m降り、その大半が25‰以上の急勾配という蒸気機関車にとっては極めて厳しい線区だった。

戻る
矢岳-真幸 【昭和46年11月】
車窓からも撮りたくて、昼間の混合列車に1回だけ乗った。


真幸駅 【昭和46年11月】


   
真幸駅 【昭和46年11月】   
床の木目が美しい。


 
真幸駅 【昭和46年11月】
上り列車が発車する。本務機に呼応し後補機の汽笛が響き折り返し線に後退する。


真幸-矢岳 【昭和46年11月】
気温が上がっているようだ。


矢岳-真幸 【昭和46年11月】


真幸駅 【昭和46年11月】


矢岳-真幸 【昭和46年11月】 連続写真1/3
下り列車が真幸駅を左下に見下ろす。


真幸駅 【昭和46年11月】 連続写真2/3


戻る
真幸駅 【昭和46年11月】 連続写真3/3
随所に箒の美しい刷毛目がついている駅だった。


真幸-矢岳 【昭和46年11月】
奮発して前日に吉田温泉に泊まった。


真幸-矢岳 【昭和46年11月】


真幸-矢岳 【昭和46年11月】


戻る
真幸-矢岳 【昭和46年11月】


真幸-矢岳 【昭和46年11月】


真幸-矢岳 【昭和46年11月】


真幸-矢岳 【昭和46年11月】
門司港発の1121列車がやってきた。


真幸-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真1/5
混合842列車が行く。


真幸-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真2/5


真幸-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真3/5


真幸-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真4/5


戻る
真幸-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真5/5



【「肥薩線 矢岳越え」は次回の「その10 真幸・吉松」が最終です】

肥薩線 大畑・真幸 -盛夏-」 2012. 4/1〜7/31
肥薩線 人吉」 2015. 8/1〜11/30
肥薩線 矢岳越え その1 1121列車 人吉から矢岳へ」 2015. 12/1〜2016. 3/31 
肥薩線 矢岳越え その2 横平隧道上・大畑駅構内」 2016. 2/1〜5/31 
肥薩線 矢岳越え その3 霧の大畑」 2016. 4/1〜7/31 
肥薩線 矢岳越え その4 ループ線」 2016. 6/1〜9/30 
肥薩線 矢岳越え その5 大畑駅構内」 2016. 8/1〜11/30  
肥薩線 矢岳越え その6 大野-1」 2016. 10/1〜2017. 1/31 
肥薩線 矢岳越え その7 大野-2」 2016. 12/1〜2017. 3/31
肥薩線 矢岳越え その8 大畑駅いろいろ」 2017. 2/1〜5/31



 
inserted by FC2 system