「蒸気機関車がいた時代」

肥薩線
 矢岳越え その5 大畑駅構内

大畑(おこば)駅はスイッチバック形式でしかもループ線を回った列車が再度交差部の高みに姿を見せるという国内唯一の線路配置で、一日中構内にいても楽しめる駅だった。

大畑駅 【昭和46年11月】
朝霧が残る大畑駅、841列車が停車中。


戻る
大畑駅 【昭和46年11月】


大畑駅 【昭和46年11月】
折り返し線に後退した841列車がループ線に向かう。


戻る
大畑駅 【昭和46年11月】
ループ線を下ってきた列車が折り返し線に接近減速中。


大畑駅 【昭和46年11月】 連続写真1/3
折り返し線からホームに後退する混合列車。混合列車はすべて客車は1輌だったが、この列車はその1輌が合造車だ。これでも満員になることはない。


大畑駅 【昭和46年11月】 連続写真2/3


大畑駅 【昭和46年11月】 連続写真3/3


大畑駅 【昭和46年11月】
グリーン車でなくても急行にはエアコンがつく時代になっていた。


戻る
大畑駅 【昭和46年11月】
折り返し線に後退する混合列車。スイッチバックで補機付きとなると何回も汽笛を聞くことができた。


大畑駅 【昭和46年11月】


大畑駅 【昭和46年11月】
これは後退する本務機。


大畑駅 【昭和46年11月】


戻る
大畑駅 【昭和46年11月】


大畑駅 【昭和46年11月】
折り返し線に後退する。


大畑駅 【昭和46年11月】
ループ線に向かう後補機。


大畑駅 【昭和46年11月】
ループ線の上に現れた。安全弁を噴いているようだ。11月とはいえ気温が上がった午後、機関助士の腕もよさそうで煙は薄い。


大畑駅 【昭和46年11月】
ループ線に向かう後補機。


大畑駅 【昭和46年11月】


大畑駅 【昭和46年11月】
ループ線の上に現れた。


大畑駅 【昭和46年11月】


戻る
矢岳駅 【昭和46年11月】
これだけは矢岳駅。肥薩線の駅はどこも開通当初の姿をよくとどめていたようだ。


【「肥薩線 矢岳越え」は10回ほどに分けて掲載中です】

肥薩線 大畑・真幸 -盛夏-」 2012. 4/1〜7/31
肥薩線 人吉」 2015. 8/1〜11/30
肥薩線 矢岳越え その1 1121列車 人吉から矢岳へ」 2015.12/1〜2016.3/31
肥薩線 矢岳越え その2 横平隧道上・大畑駅構内」 2016.2/1〜5/31
肥薩線 矢岳越え その3 霧の大畑」 2016.4/1〜7/31
肥薩線 矢岳越え その4 ループ線」 2016.6/1〜9/30


 
 
inserted by FC2 system