「蒸気機関車がいた時代」

肥薩線
 矢岳越え その3 霧の大畑

秋から春までの天気の良い日の朝、放射冷却で冷え込んだ人吉盆地は名物の霧で埋め尽くされる。人吉は標高107m、急勾配で上った大畑(おこば)は標高294m、これだけの標高差があり、走行している間に気温も上がるので大畑では霧が晴れることが多かったが、稀に濃い霧が残ることがあった。

戻る
大畑駅 【昭和44年12月】
昭和44年の大晦日は人吉だけではなく大畑まで濃い霧に包まれていた。横平隧道を抜け大畑駅に接近中の841列車。人吉盆地の霧がここでもまだ晴れてこない。


大畑駅 【昭和44年12月】
841列車と交換し人吉に下る840列車。


大畑駅 【昭和44年12月】
これも大畑を発車し、折り返し線を後退する841列車。手前は人吉へと下る線路だがいきなり25‰の下りになっている。スイッチバックが必要な理由がよく分かる。


大畑駅 【昭和44年12月】
ループ線を矢岳に向かい加速する841列車。


大畑駅 【昭和46年11月】
ここからは昭和46年11月撮影したもの。 吉松発人吉行きの840列車が待つ構内に人吉から上ってきた841列車が到着。


大畑駅 【昭和46年11月】


大畑駅 【昭和46年11月】


大畑駅 【昭和46年11月】
840列車が人吉へ向かう。左は841列車。


大畑駅 【昭和46年11月】
841列車が停車中。通常は使われていなかったが立派な灰落としピットがあった。


大畑駅 【昭和46年11月】


大畑-矢岳 【昭和46年11月】
霧の向こうに朝日が出てきた。


大畑 【昭和46年11月】
門司港発都城行き1121列車が大畑駅に進入。


戻る
大畑-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真1/4
1121列車がループ線に現れた。


大畑-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真2/4


大畑-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真3/4


大畑-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真4/4
更に上り大野へ向かう。


大畑-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真1/4
1121列車が大野の大築堤に現れた。


大畑-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真2/4


大畑-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真3/4
大築堤に煙を残し、大野第一隧道を抜け矢岳に向かう1121列車。


戻る
大畑-矢岳 【昭和46年11月】 連続写真4/4


【「肥薩線 矢岳越え」は10回ほどに分けて掲載中です】

肥薩線 大畑・真幸 -盛夏-」 2012. 4/1〜7/31
肥薩線 人吉」 2015. 8/1〜11/30
肥薩線 矢岳越え その1 1121列車 人吉から矢岳へ」 2015. 12/1〜3/31 
肥薩線 矢岳越え その2 横平隧道上・大畑駅構内」 2016. 2/1〜5/31 


 
 
inserted by FC2 system