「蒸気機関車がいた時代」

米坂線 その4
 昭和45年 厳冬

 米坂線は冬は豪雪に見舞われると聞いていたので1回くらいは真冬に行きたいと思っていたが、昭和45年の1月に2泊の予定で実現した。雪景色の撮影を堪能する予定だったが、初日の夜から激しい降雪となり国道の宇津峠は通行止め、手ノ子駅構内も見ている間に積雪がどんどん増えていくような状況だった。どこが道か分からないようなところを泳ぐようにして駅から数百m行くのが精一杯だった。夜半まで降り続いたがそのような雪でも大した遅れも出ずにさすがに鉄道は雪に強いと感じ入った。

戻る
手ノ子-羽前沼沢 【昭和45年1月16日】
宇津峠を越えて手ノ子駅に接近する上り貨物列車.


手ノ子-羽前沼沢 【昭和45年1月16日】
手ノ子駅交換で峠に向かう下り貨物列車.


手ノ子-羽前沼沢 【昭和45年1月16日】
音もなく激しく降る雪が急に恐ろしくなり、この後すぐに泳ぐように手ノ子駅に引き返した.


 
手ノ子駅 【昭和45年1月16日】  
積雪のせいか停車寸前でもこの力行.


 
 
手ノ子駅 【昭和45年1月16日】  


 
 
手ノ子駅 【昭和45年1月16日】  
発車.


 
手ノ子駅 【昭和45年1月16日】


 
手ノ子駅 【昭和45年1月16日】  


 
手ノ子駅 【昭和45年1月17日】
下り普通列車が手ノ子駅に到着.


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】
上り貨物列車.


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


 
手ノ子駅 【昭和45年1月17日】  



 
手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】
仙台発新潟行きの急行「あさひ」.


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】


手ノ子駅 【昭和45年1月17日】
この下り普通列車は重連でやってきた.


 
手ノ子駅 【昭和45年1月17日】  


 
手ノ子駅 【昭和45年1月18日】  
翌日の朝は快晴となった.この通勤通学客の多さに驚いた.


 
 
手ノ子駅 【昭和45年1月18日】  


 
 
手ノ子駅 【昭和45年1月18日】  


 
 
手ノ子-羽前沼沢 【昭和45年1月18日】  


 
 
手ノ子-羽前沼沢 【昭和45年1月18日】  


 
 
米沢機関区 【昭和45年1月18日】  
 帰りがてら米沢機関区に寄った.


 
 
米沢機関区 【昭和45年1月18日】  


 
戻る
米沢機関区 【昭和45年1月1日】  


 

【「その5」に続きます】
 
 
米坂線 その1 昭和40年」2023.2.1〜5.31
米坂線 その2 昭和43年 晩秋」2023.6.1〜9.30
米坂線 その3 昭和44年 秋」2023.10.1〜2024..1.31

 
inserted by FC2 system