「蒸気機関車がいた時代」

久大線の8620

久大線はD60の牙城だったという印象があるが、急勾配のない久留米と豊後森の間では8620も走っていた。

夜明駅 【昭和40年8月】
三隈川沿いの夜明は特に雰囲気のいいだった


戻る
夜明駅 【昭和40年8月】
8620牽引の鳥栖行き624普通列車が、C11牽引の日田彦山線日田行き721普通列車と交換。


夜明 【昭和40年8月】
右側の谷は三隈川、川霧がだんだん晴れてきたところに鳥栖行き622普通列車が現れた。


戻る
夜明 【昭和40年8月】
豊後森行き629普通列車。


夜明 【昭和40年8月】


杉河内駅 【昭和42年7月】
豊後森行き629普通列車。


戻る
杉河内駅 【昭和42年7月】


杉河内駅 【昭和42年7月】


戻る
天ヶ瀬-杉河内駅 【昭和44年3月】
杉河内駅の前後で久大線は蛇行する玖珠川を3回渡る。奥に見える国道210号線は未舗装で、そこを泥だらけの「西鉄天神バスセンター」行きの特急バスが走っていた。


豊後中川-天ヶ瀬 【昭和44年3月】


戻る
北山田駅  【昭和44年3月】


豊後森駅 【昭和40年8月】


豊後森機関区 【昭和40年8月】


戻る
豊後森機関区 【昭和40年8月】


豊後森機関区 【昭和40年8月】


豊後森機関区 【昭和44年3月】
夜の豊後森機関区は静寂に包まれ、わずかな蒸気の漏れる音のみが聞こえていた。


豊後森機関区 【昭和44年3月】


豊後森機関区 【昭和44年3月】
美しい運転室回り、大正期の機関車の風格がある。


戻る
豊後森機関区 【昭和44年3月】


豊後森機関区 【昭和44年3月】


豊後森機関区 【昭和44年3月】


豊後森機関区 【昭和44年3月】


戻る
豊後森機関区 【昭和44年3月】
森田芳光監督の遺作「僕達急行 A列車で行こう」に、この扇形庫がレールもなく上部のガラス窓も殆んど割れた廃墟のような姿で写っていた。


【D60の久大線は別途掲載する予定です】


inserted by FC2 system