「蒸気機関車がいた時代」

久大線 その7 湯平・庄内-2

このあたりは線路の北側を国道210号が走り、南側は大きく落ち込んで、谷底に大分川が流れている。そして川の対岸は急な斜面に棚田がかなり高いところまで切り拓かれていた。
【「久大線」は今回が最終回です】

戻る
湯平-庄内 【昭和44年3月】
7時過ぎの623列車。


湯平-庄内 【昭和43年3月】


湯平-庄内 【昭和43年3月】
14時過ぎの631列車。


戻る
湯平-庄内 【昭和44年3月】


湯平-庄内 【昭和44年3月】
大分川の向こうの棚田が見える。13時頃の636列車。


湯平-庄内 【昭和44年3月】


湯平-庄内 【昭和44年3月】


湯平-庄内 【昭和44年3月】
17時半頃の640列車。


戻る
湯平-庄内 【昭和44年3月】
14時半頃の1635列車。


湯平-庄内 【昭和44年3月】
14時半頃の1635列車。


湯平駅 【昭和44年3月】
バック運転の8時半頃の大分行き625列車。


湯平-庄内 【昭和44年3月】
7時頃の630列車。(6×6版)


戻る
湯平-庄内 【昭和44年3月】
7時頃の630列車。


湯平-庄内 【昭和44年3月連続写真1/3
日が差してきた。7時半頃の上り貨物列車。


湯平-庄内 【昭和44年3月】連続写真2/3


湯平-庄内 【昭和44年3月】連続写真3/3


湯平-庄内 【昭和44年3月】
7時半頃の上り貨物列車。(6×6版)


湯平駅 【昭和44年3月】
18時過ぎの大分行き639列車が到着。


 
湯平駅 【昭和46年11月】  


 
戻る
小野屋駅 【昭和43年3月】
久大線は、いかにも日本的なしっとりと美しい山里の風景の中、名山、渓谷、急勾配など、蒸機撮影の舞台装置に溢れていた。さらにそれぞれの駅も味わい深く、これらの魅力はD60という機関車とともに私の脳裏に深く刻まれている。


 
【「久大線」は今回が最終回です】

 
久大線の8620」 2012. 7/1〜10/31
久大線・夏 その1」 2013. 8/15〜12/14
久大線・夏 その2」 2013. 10/15〜2/14
久大線 その1 夜明・日田・豊後中川・天ケ瀬・杉河内」 2016. 9/1〜12/31

久大線 その2 北山田・豊後森」 2017. 1/1〜4/30
久大線 その3 豊後中村-1 2017. 5/1〜8/31

久大線 その4 豊後中村-2」 2017. 9/1〜12/31
久大線 その5 由布院盆地」 2018.1/1〜4/30
 
久大線 その6 湯平・庄内-1」 2018.5/1〜8/31
 
inserted by FC2 system