「蒸気機関車がいた時代」

小海線 その3 昭和44年9月

快晴が約束された秋の朝は思いのほか冷え込み、濃い霧が出ていた。小海線の標高の高さを改めて感じることができた。

戻る
野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】
霧が薄くなってきたところに193貨物列車がやってきた


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】
翌日の193列車。前日より霧が薄く、遠くの山の稜線もはっきり見える。


戻る
野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】
長野発長野行きの急行「のべやま」。


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


戻る
野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


戻る
野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】


清里-野辺山 【昭和44年9月】
八ヶ岳高原号が後補機付きとなった。


野辺山-清里 【昭和44年9月】
美しい秋の空、朝の冷気が心地よい。


野辺山-清里 【昭和44年9月】


戻る
野辺山-清里 【昭和44年9月】
この時刻に出荷されているということは未明から収穫していたということになる。


野辺山-清里 【昭和44年9月】
定期の193列車は荷物がないようだ。


野辺山-清里 【昭和44年9月】


 
小淵沢-甲斐小泉 【昭和44年9月】   


 
 
 小淵沢-甲斐小泉 【昭和44年9月】   


 
戻る
小淵沢-甲斐小泉 【昭和44年9月】  
野菜臨時の空車回送列車と思われる。


 
 
小淵沢-甲斐小泉 【昭和44年9月】  
上り貨物列車。


 
 
野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】  
扉が閉まっているのでこれは空車回送か。


 
 
野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】  


 
 
野辺山-信濃川上 【昭和44年9月】  
気持ちのよい秋の午後。


 
 
川上村 【昭和44年9月】  
既に中央道は東京から大月まで開通していたが、高速料金は高く、また帰りのR20の流れの悪さに耐えられなくなった。色々帰り道を探し、冬場以外は砂利道ではあったが秩父へ抜け、さらに奥武蔵の峠を越えて東京へ戻る道を走るようになった。車の運転が好きだったので、道が空いていれば時間がかかっても苦にならない。よく走った道は川上村から三国峠を越えて秩父方面へ抜ける中津川林道。
画面左下に先ほど通った橋が見える。三国峠から秩父側を中津川林道と呼び、峠をかなり下った最初の中津川の集落に簡素な遮断機があり150円ほどを徴収する有料林道だった。


 
戻る
川上村 【昭和44年9月】  
カラマツの林が続く。


 
 
川上村 【昭和44年9月】  
砂利道が続く三国峠の切通し。向こうに秩父の山々が見える。この峠は長野、埼玉の県境でもあり、埼玉県がいかに西側に深いかが分かる。
この先、埼玉側最初の集落である中津川に横棒1本のゲート?があり、150円ほど徴収されたような気がする。


【小海線は7回に分けて掲載中です】


 
小海線 その1 昭和43年9月」 2015. 8/15〜12/14
小海線 その2 昭和44年7,9月」 2015. 12/15〜2016. 4/14


 
inserted by FC2 system