「蒸気機関車がいた時代」

筑豊の印象 その4 中間駅-遠賀川橋梁

筑豊線は中間と筑前垣生の間で遠賀川を渡る。遠賀川は、鉄道ができるまで舟運で石炭を若松へ運ぶ重要な輸送ルートだった。

戻る
中間-筑前垣生 【昭和42年10月】
下り列車は中間駅を過ぎると右カーブで土手の高さまで上り、遠賀川を渡る。


中間-筑前垣生 【昭和42年10月】
後ろの尖った山は明らかにボタ山だが、当時は全く気が付かなかった。


中間-筑前垣生 【昭和42年10月】


戻る
中間-筑前垣生 【昭和42年10月】


中間-筑前垣生 【昭和42年10月】
左端に遠賀川橋梁が見える。


中間-筑前垣生 【昭和42年10月】
空車のセラを連ねて炭砿へ戻るD50。


中間-筑前垣生 【昭和42年10月】


中間-筑前垣生 【昭和42年10月】


中間-新手 【昭和42年10月】
香月線の香月発若松行き列車が中間駅に接近。筑豊線のついでに撮ることができた。


中間-新手 【昭和42年10月】
これは香月行きの列車。筑豊は8620、9600のバック運転がよく似合う。後ろはボタ山のようだ。


中間-筑前垣生 【昭和43年3月】
こんな大型機のバック運転は筑豊ならでは。


中間-筑前垣生 【昭和44年3月】


中間-筑前垣生 【昭和44年3月】


中間-筑前垣生 【昭和44年3月】 連続写真1/3


中間-筑前垣生 【昭和44年3月】 連続写真2/3


中間-筑前垣生 【昭和44年3月】 連続写真3/3


 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  


 
 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  


 
 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  


 
 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  


 
 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  


 
 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  
この区間を9600が走るのは珍しい。


 
 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  


 
 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  


 
 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】  
左手前に香月線の踏切が見える。


 
中間-筑前垣生 【昭和43年3月】


中間-筑前垣生 【昭和44年3月】


中間-筑前垣生 【昭和42年10月】


戻る
中間-筑前垣生 【昭和44年3月】
画面左の遠賀川橋梁を渡ると左カーブを下り筑前垣生駅になる。


夏・筑豊線」 2012. 2/1〜5/31
夏・筑豊界隈」 2012. 2/15〜6/14
夏・筑豊線 冷水峠」 2012. 7/15〜11/15
筑豊線 原田・冷水峠」 2013. 2/15〜6/14

筑豊の印象 その1 若松駅
筑豊の印象 その2 若松機関区
筑豊の印象 その3 折尾駅・短絡線・中間駅
 


 
inserted by FC2 system